従軍慰安婦問題に大きな動き。
まだまだ問題は残っているが、政府として一応の結果を出したということだ。
賠償問題については、政治的な決着点と、心情的な決着点が違うところが難しい。
批判の多い安倍政権だが、一定の実績を出しているのは事実だ。
今の段階で冷静に話し合うことのできる相手は少ないので、
あまに話題にすることはない。
ベストの選択とはいいがたいが、まあまあベターな政権だと思っている。
私自身は少なくとも、民主党さんに任せたら、ますますひどい状態になると思うのだが
誰かとこういう話を始めると、どうしても感情論になってしまう。
民主党さんにも、尊敬すべき政治家の人は大勢いる。
しかし、民主党が立ち上げた政権は、危なっかしくて見ていられない、
というだけの話だ。
各論で、その部分を解決できる政治家はいるけれど
総論で、国全体の運営になると俯瞰できていない世間になってしまうと思うのだ。
そういう意味で、現状では自民党政権がより俯瞰的に物事を解決していると思う。
SEALDsの名前を出して悪いが、デモ行進が民主的な行為である、
と主張するようなグループを、危なっかしくて支持はできない。
もう少し書きたい事があるが、それは後日。





ジャーナリズム ブログランキングへ