2005年12月26日6

撮影の後、タクシーを呼んでもらって、ホテルに向かう。
途中、Drタンがバイクで横を通り過ぎる。
17:00前だというのに、もう帰るらしい。
どんなシフトになっているんだろうか?
撮影の合間に、ドクターを少し話をした。
この冬、ベトナムの田舎のほうで何か天災があったらしい。
地震といっていたと思うが、忘れてしまった。
この被災地域に、ボランティアで出かけているらしい。
そのときの写真が飾ってあった。
ドクターからも、
「同行すれば、いろいろと撮影もできるよ」
と教えてもらった。
同時に、手が足りないという事情もありそうだ。
手伝ってもらいながら、撮影もしたら、ということだ。
誘ってもらえるというのはラッキーだ。
今後スケジュールを調整しながら、ぜひ同行しようと思う。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 Comment

  1. もう、次回の計画が立ち始めてるんだね。
    情熱が伝わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です